脱毛 ジェル

MENU

苦手な人、必見!レーザー脱毛なら冷却ジェルは必要って本当?

実は、脱毛のための冷却ジェルが苦手!という人が世の中には多くいらっしゃいます。

 

脱毛経験がない人にとっては、冷却ジェルってなに?と疑問に思う方も多いと思うので、冷却ジェルはどのようなものなのか、また使わずに済むレーザー脱毛についてご紹介いたしますので、脱毛方法を選択するときの参考にしてみてください。

 

冷却ジェルの役目

脱毛を行ったことがある人なら、体験してわかっている人も多いかと思いますが、冷却ジェルというのは、脱毛の光を当てるときに、肌にダメージを与えないように保護する役目を担うものです。
この冷却ジェルを脱毛する箇所に塗って、その上から光を当てていきます。

 

これだけを聞くと、肌を保護してくれるジェルだから、塗った方が絶対にいいじゃん!と思う方もいると思いますが、この冷却ジェルがとっても冷たいものなんです。
冷たいものは全然平気だよ!と思うかもしれませんが、想像以上に冷たくて、中にはこの冷却ジェルがあるから脱毛に躊躇してしまう人もいるほとです。

 

脇の下などの脱毛する面積が小さい箇所であれば、多少は我慢できるかと思いますが、背中や腕、脚などの範囲の広い場所を脱毛するときに、広範囲によって冷却ジェルを使用するときは、我慢できないほど冷たいものなんです。

 

そのため冷たいのが苦手な人や、もともと体質的に冷え性な人にとっては耐えがたいものとなります。
いくらサロン内を暖かい温度設定にしていたとしても、この冷却ジェルを塗ったあとはガタガタ震えるほど寒いと感じてしまいます。

 

ただ、脱毛するときに心配されている痛みが、この冷却ジェルのおかげで全く痛みを感じなくなるため、光脱毛を行うときには必須アイテムとして使用される場合がほとんどです。
どんなものでも同じですが、デメリットもあればメリットもあります。

 

レーザー脱毛とは?

冷却ジェルについてご紹介しましたが、レーザー脱毛は光脱毛と違って、冷却ジェルを使用せずに脱毛することができます。
ということは、レーザー脱毛は痛みが強いのではないか!?と不安に思うかもしれませんが、正直、光脱毛に比べると痛みを感じることが多いです。

 

ただし、レーザー脱毛を行うときに痛みを感じたら、我慢せずにスタッフに伝え、出力のレベルを調整してもらうことができますので、そこまで痛みに対して心配する必要はありません。

 

レーザー脱毛の場合は、冷却ジェルを塗らずに行うため、光脱毛に比べて脱毛時間の短縮に繋がります。
そして、冷却ジェルの代わりにジェルが不要な、ダイオードレーザーで脱毛を進めていきます。

 

冷却ジェルを塗って冷たい思いをせずに済んでも、後で炎症などの肌トラブルが起きてしまっては意味がありませんので、レーザー脱毛の施術後は保湿を行い、炎症止めのクリームを塗って終了となります。

 

このように冷却ジェル以外の方法を行えるレーザー脱毛ですので、もし冷たさに不安があるのであればレーザー脱毛を行ってみてはいかがでしょうか。
ぜひ選択肢の1つとして覚えておいてください。

 

苦手な人、必見!レーザー脱毛なら冷却ジェルは必要って本当?

キレイモ

苦手な人、必見!レーザー脱毛なら冷却ジェルは必要って本当?


1か月に1度のペースで通える月額制はキレイモだけ。何度も行くのが面倒な人にはぴったりです。


料金は提示された金額以外には一切かからない明朗会計で、他のサロンと比べダンゼン予約が取りやすくて通いやすさ抜群がおすすめのポイントです。

料金

月額:9,500円(スリムアップ脱毛)


苦手な人、必見!レーザー脱毛なら冷却ジェルは必要って本当?

シースリー

苦手な人、必見!レーザー脱毛なら冷却ジェルは必要って本当?


シースリーは月額7,500円納得いくまで何度でも通い放題


両ワキやVIラインはもちろん、おでこやえりあしなど顔全体を含む全身360℃が脱毛対象となります。
現在、続々と新店舗をオープンしている、お勧めの脱毛サロンになります。

料金

月額:7,500円(全身永久保証プラン)


苦手な人、必見!レーザー脱毛なら冷却ジェルは必要って本当?

関連ページ

脱毛後の禁止事項について
フラッシュ脱毛の後に岩盤浴は行っちゃいけないの?という疑問にお答えします!知らずにいると取り返しのつかないことになりそうです…。
脱毛の施術前後に予防接種を打っても大丈夫?
脱毛にも通っている場合は、予防接種前後に施術を受けてよいのか迷ってしまいますよね。ここでは、脱毛前後の予防接種について詳しく解説します。
脱毛前後はアルコールの摂取は禁止
脱毛の施術前後はいくつか気を付けなくてはいけない注意事項があります。その1つがアルコールです。脱毛前後にアルコールを摂取するとどのようなトラブルが起こり得るのでしょうか?
日焼けをしているとレーザー脱毛は受けることができない?
脱毛の施術をする時には、いくつか約束事項があります。その1つに日焼けをしてはいけないというものがありますが、なぜ日焼けをしているとレーザー脱毛を受けることができないのでしょうか?
\脱毛後の肌トラブルについて
フラッシュ脱毛後、何気なく確認したお肌に赤い斑点ができていたら本当にビックリしてしまいますよね。ですが、多くの場合、フラッシュ脱毛後にお肌に現れた赤い斑点は2〜3日程度で自然に薄くなり、やがて消えます。
脱毛した後に肌にできるプツプツは炎症?肌トラブルを起こさない為の対処法
脱毛施術後、肌にプツプツできてしまったことはありませんか?少し痒みがあったり、赤くなっていることもあると思います。ここでは、その原因について解説していきます。
フラッシュ脱毛後には汗の量が増えるの?
脱毛と脇汗の因果関係は医学的に証明されているわけではなく、フラッシュ脱毛を行ったから脇汗が多くなったという根拠はどこにもありません。ではなぜ、フラッシュ脱毛後に脇汗が増えるという話が囁かれるようになったのでしょうか。
授乳中は脱毛サロンに通っても大丈夫?
妊娠中は脱毛をできないサロンがほとんどですが、出産を終えて授乳期間中は脱毛に通っても大丈夫か疑問に思う人もいるでしょう。ここでは、授乳中の脱毛について詳しく見ていきたいと思います。
子供に影響がないか心配!授乳中でも脱毛エステは受けれるの?
妊娠中はほとんどのサロンで脱毛することができないため休止する形となります。授乳中のママは脱毛を受けることができるのか、はっきりとした答えを今回はご紹介致します。
アトピーでも全身脱毛は可能か?
全身脱毛はアトピーの人は通えるのか不安になりますよね。アトピーや肌荒れが激しい人、敏感肌に人は脱毛サロンに通うことができるのかお答えします。
フラッシュ脱毛は人体へ影響を及ぼすの?
フラッシュ脱毛をしてみたいけど、何か悪い影響があると怖いという方へ、フラッシュ脱毛で人体が受けることがある影響について紹介します。
脱毛時にはゴーグルが絶対に必要なの?
脱毛の施術を受ける時には光を遮断するゴーグルを絶対につけなければいけないのか解説をします。
埋没毛はレーザー脱毛で改善されるの?
なぜ埋没毛ができてしまうのでしょうか。レーザー脱毛を行えば埋没毛は改善することが可能なのでしょうか。
医療脱毛を受けた後に必要なケアとは?
医療脱毛を受けた翌日のケアはどのようなことをすればいいのか解説をします。
脱毛サロンの無料カウンセリングってどんな内容?
脱毛サロンでの脱毛には興味はあっても、カウンセリングに踏み出すことができない方は多いのではないでしょうか。脱毛サロンで行われる無料カウンセリングの内容をざっくりとご紹介することにしましょう。
フラッシュ脱毛、毛の長さはどうする?
あらかじめ行うムダ毛処理。フラッシュ脱毛の場合どのくらいの毛の長さはどのくらい残しておけばいいのでしょうか?