IPL 仕組み

MENU

IPLを利用したムダ毛処理の仕組みについて

IPLは「インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)」の略で、希ガスのキセノンを利用した放電灯です。
レーザーと違って幅広い波長を持ち、しかも有害な紫外線を含まないため、波長やパルス幅などを調整してさまざまな医療行為に使用されています。

 

美容の分野ではムダ毛処理に活用されています。フラッシュ脱毛という名称を耳にしたことがある方も多いことでしょう。
IPLは色の濃い部分に吸収され、熱を発生させる性質があります。そのため、肌に照射すると体毛のメラニン色素に反応し、毛が熱を帯びることになります。

 

毛根の最低部には、毛の再生組織である毛乳頭と毛母細胞がありますが、毛に発生した熱でこの組織のタンパク質を変質させ、脱毛すると同時に再生機能を麻痺させるというのが、フラッシュ脱毛によるムダ毛処理のメカニズムです。
レーザー脱毛よりもパワーは落ちますが、痛みやトラブルが少ないという利点があります。

 

照射後、ムダ毛は1から2週間程度で自然に抜け落ちます。
ただし、1回の照射で毛が再生されなくなるわけではなく、再び生えてくるのを待って何度か照射を繰り返す必要があります。
脱毛効果については、毛が徐々に薄く細くなることは確実ですが、確実に生えなくなるかというと、フラッシュ脱毛が行われるようになって日が浅いこともあり、まだ明確ではありません。

 

ipl脱毛でする脱毛にはどんな特徴があるの?

サロンでの脱毛でよく利用されているのが、ipl脱毛です。
フラッシュ脱毛に振り分けられるipl脱毛ですが、そのほかの脱毛方法とどのような違いがあるのでしょうか?その特徴を見ていきましょう。

 

ipl脱毛ってどんな方法?

ipl脱毛の名前になっているiplとは、フラッシュ光線の一つの種類をさします。

 

英語に訳すとintense pulsed lightと呼ばれており、毛の色を示しているメラニン色素に反応することでエネルギーを発生させ、毛根付近にある毛母細胞を破壊します。
毛母細胞は、細胞分裂することで毛を育成させる働きを持つ細胞なので、これを破壊することで脱毛していくのです。

 

そうはいっても、脱毛効果がある光エネルギーというと有害かと心配になりますよね。
ですが、ipl脱毛で用いられている波長は微弱で人体にとって有害なものではないので安心してくださいね。

 

さて、ipl脱毛ですが、行う際には、まずジェルを塗ります。
このジェルは、iplを集めやすく、脱毛効果を促す働きがあります。
塗る際には、少しひんやりすることもありますが、すぐに肌の温度になじんでいきますよ。

 

次に、iplを照射します。
照射時にエネルギーが発生することから、軽い痛みを生じることがあります。
ですが、ipl自体が弱いエネルギーなため、激痛ではなく、我慢できる程度の痛みと感じられる方がほとんどです。

 

IPLを利用したムダ毛処理の仕組みについて

キレイモ

IPLを利用したムダ毛処理の仕組みについて


1か月に1度のペースで通える月額制はキレイモだけ。何度も行くのが面倒な人にはぴったりです。


料金は提示された金額以外には一切かからない明朗会計で、他のサロンと比べダンゼン予約が取りやすくて通いやすさ抜群がおすすめのポイントです。

料金

月額:9,500円(スリムアップ脱毛)


IPLを利用したムダ毛処理の仕組みについて

シースリー

IPLを利用したムダ毛処理の仕組みについて


シースリーは月額7,500円納得いくまで何度でも通い放題


両ワキやVIラインはもちろん、おでこやえりあしなど顔全体を含む全身360℃が脱毛対象となります。
現在、続々と新店舗をオープンしている、お勧めの脱毛サロンになります。

料金

月額:7,500円(全身永久保証プラン)


IPLを利用したムダ毛処理の仕組みについて

関連ページ

フラッシュ脱毛とは一体?他の脱毛との違いは何か
今回はフラッシュ脱毛のことをあまりよく知らない人のために、どんな方法で脱毛を行うのか、他の脱毛方法との違いは何か、という点についてご紹介致します。
脱毛するならやっぱりフラッシュ脱毛?
脱毛をプロに任せたいと思っても、どの脱毛方法がベストなのかわからない。フラッシュ脱毛がなぜおすすめなのか、他の脱毛方法と比較しながら考えてみることにしましょう。
SSC方式の脱毛は痛みが少ないの?
最近は多くの脱毛サロンが存在し、脱毛方法もIPL脱毛、SHR式脱毛、スリムアップ脱毛、ハイパースキン脱毛などいろいろありますが、中でも人気の脱毛方法が光脱毛の「SSC方式」です。